航空会社の株主優待券をお得に活用しよう

JALやANAなどが配布している株主優待券があれば、飛行機をお得に利用することができるのです。こういった航空会社の優待券は、必ずしも株主にならないと利用できないわけではなく、どういった人でも活用することが可能なのです。

どうすれば入手することができるのか

例えばANA株主優待券に関しては、基本的に1000株以上を持っている株主に対して、優待券の方を配布しているのです。したがって、株主にならなければ入手できなイメージがありますが、実際はそれ以外にもいろんな入手方法があるのです。
例えば、旅行代理店や金券ショップでも多く売られていますし、ネットオークションでも頻繁に出品されているのです。株主の多くは、優待券をもらっても使い道がないことが多いので、そういった業者に買い取ってもらうケースが大半なのです。

株主でなくても問題なく利用できる

上記のような方法で優待券を入手しても、本当に使えるのかどうか不安に思う人もいるかもしれません。しかし、航空会社は株主かどうかのチェックは一切行っていないので、問題なく利用することができるのです。
そもそも、航空会社だけに限らず世の中にはいろんな優待券が存在しているわけですし、それらはむしろ株主以外の利用者の方が圧倒的に多いのです。


どんなメリットがあるのか

航空会社の優待券やANA・JALの国内格安航空券の決定版 | 格安航空券センターを利用する1番のメリットは、何といっても安く飛行機を利用できることです。時期やシーズンにもよりますが、基本的には正規運賃の50%ほどの価格で利用することが可能なのです。
それ以外にも、自由に便を変更することができ、キャンセル料も一切発生せず、時間帯問わず均一料金となっており、空席があれば当日でも利用できるなど、そういった様々な利点もあるわけです。
株主優待券はクロス取引でも入手できます。

注意すべきことは

ただ、株主優待券を利用する際には注意しなければいけないこともいくつかあります。まず、原則として有効期限は1年間となっているので、それまでに使用しないと使えなくなってしまうので気をつけないといけません。
また、時期やタイミングによっては、早割の方が安くなるケースもありますし、繁忙期は金券ショップで購入しても割高になっている可能性が高いので、あまりお得に活用できないかもしれないのです。

まずは基本的な使い方を把握しておく

優待券は賢く活用できればとても頼もしい存在になってくれますが、逆に何も考えずに使ってしまうと損をしてしまう可能性もありますから、まずは基本的な使い方をしっかりと把握しておくようにしましょう。