安さを重視するなら株主優待券と早割の比較をする

- 安さを重視するなら株主優待券と早割の比較をする

安さを重視するなら株主優待券と早割の比較をする

ANAやJALの株主優待券があれば、確かに正規運賃よりも大幅に安く利用することができますが、場合によっては早割の方がさらに安くなるケースもあります。したがって、もし安さを重視するのであれば、それぞれの価格を比較する必要があります。

かなりの差が出ることも

例えば、航空券の普通運賃が4万円だった場合、優待券であれば原則として2万円となるわけです。しかし、早割だと45日前までなら1万5千円、55日前までなら1万2千円といった感じで、さらに割安で利用できたりするのです。安さを重視する人にとっては、この差はかなり大きいと思われます。

優待券を安く入手できるとも限らない

また、ほとんどの人は株主優待券を金券ショップやネットオークションで入手することになるでしょう。ただ、時期によっては必ずしも安く入手できるとは限らないのです。繁忙期や需要のある時期だと、本来なら2万円のところが3万円になるなど、そういったケースも少なくないわけです。

ANA・JALの株主優待券は早割などでも使えますか?
重複割引はないので利用不可。

引用元:ANA・JALの株主優待券は早割などでも使えますか? – 残念ながら、使えません。そ… – Yahoo!知恵袋

プレミアムなら優待券がお得になることも少なくない

一方で、プレミアムクラスを利用する場合には、早割よりも優待券の方がお得になることも少なくないです。その場合は、利便性も含めれば断然こちらの方がお得ですから、迷わず株主優待券を選ぶのがいいでしょう。ただ、そういった便の優待券は金券ショップでも売り切れになりやすいので、早めに購入しておくのが望ましいです。

あまり差がないなら優待券の方がいい

ただ、いくら安さを重視する場合であっても、早割との差が少ししかないようであれば、優待券を利用した方がいいでしょう。やはり、キャンセル料が不要であることや、いつでも便の変更ができるメリットを考えれば、無理に早割サービスを利用する必要もないのです。いつ計画が変更するか分からないわけですから、そういったことも考えておくようにしましょう。

まずはじっくり比較しながら検討する

どちらにしても、まずはそれぞれの価格とメリットを比較しながら、じっくりと検討するようにしましょう。あくまでどちらがいいかはその人次第ですから。