株主優待券を入手してから搭乗するまでの流れ

- 株主優待券を入手してから搭乗するまでの流れ

株主優待券を入手してから搭乗するまでの流れ

航空会社の株主優待券を入手して、実際に搭乗するまでにどういった手続きを行えばいいのでしょうか。特に難しい部分や複雑な手順は一切ないので、初めての人でも問題なく行うことができるでしょう。

予約を行う

優待券は当日でも空席があれば利用できますが、やはり確実に搭乗したいなら予約をするのがいいでしょう。その際は、例えばANAであれば株主優待割引で予約をすることになります。ちなみに、キャンセルをしても料金が発生することはないので、気軽に予約をすることができるのです。

支払い期限について

予約が終われば、支払い期限までに航空券を購入することになります。ANAの場合は予約をしてから2日後までに購入をしなければ、自動的んキャンセルとなるので注意しましょう。なお、株主優待券は搭乗するまでに入手しておけばいいので、必ずしもこの段階までに持っておく必要はありません。

番号とパスワードの登録を行う

支払いが完了すれば、優待番号とパスワードの登録を行うことになります。こちらは、事前に登録を済ませておくか、もしくは当日に空港の方でも登録することができます。本来であれば、事前に登録をしておいた方が、当日になって余計な手間を省くことができますし、何より優待券を忘れてしまっては元も子もないので、こちらの方が望ましいでしょう。
ただ、事前に登録をする場合はスクラッチ部分を削る必要があり、そうなるとショップやオークションで売ることが不可能になります。まだ利用するかどうか確定していないようであれば、当日に登録した方がいいかもしれません。

登録が終われば優待券は不要ですが

以上で手続きは完了となり、事前に登録をすれば当日はスキップサービスで搭乗することができるので、非常にスムーズとなります。また、登録が終われば株主優待券の方は不要となりますが、キャンセルする場合は番号とパスワードの再入力が必要なので、念のため保管しておくといいでしょう。
株主優待券は利便性が高いのも特徴ですね。