なぜ株主でなくても航空会社の優待券が手に入るのか

- なぜ株主でなくても航空会社の優待券が手に入るのか

なぜ株主でなくても航空会社の優待券が手に入るのか

航空会社の株主優待券を手に入れるには、ANAやJALなどの株主になることが条件だと思う人もいるかもしれません。もちろん、株主になれば色々な優待サービスを受けることができますが、優待券を入手するだけなら他にいくらでも方法はあるのです。

チケットショップの利用が最も効率的

ANAやJALなどの株主が優待券をもらったとしても、滅多に飛行機に乗らない場合は必要性は薄いわけです。そのような人にとっては、チケットショップに買い取ってもらい、現金をもらった方が遥かに有効活用できるのです。
そのため、あちこちのチケットショップには、株主から買い取った優待券が並んでおり、それを日常的に販売しているのです。なので、そういったお店を利用して入手するのが、最も効率的だと言えるわけです。

ネットオークションで入手する方法も

また、ネットオークションでも航空会社の株主優待券は定期的に出品されています。上手く活用できれば、チケットショップで購入するよりも安く手に入れられる可能性もあります。ただ、こちらは確実に落札できるとは限りませんし、入手できても割高になってしまうこともありますから、やや上級者向けだと言えるかもしれません。
入手してから搭乗するまでの流れについても記事にしています。

もちろん利用に支障はない

仮に優待券を入手できたとしても、株主でないのに利用できるのか不安に思う人もいるかもしれません。しかし、実際はそういった確認は全く行われず、どんな人でも支障なく利用することができるのです。
大前提として、世の中には数多くの株主優待券があるわけですが、そのほとんどは利用者を特に制限していないので、何も航空会社だけに当てはまることではないのです。

どちらを選ぶかはその人次第

むろん、ANAやJALの株主になって入手する方法もありますし、クロス取引を活用できればほぼお金をかけずに手に入るかもしれません。ただ、それはある程度の知識とテクニックを要しますから、どちらを選ぶかはその人次第だといます。