利便性が高いのも株主優待券の大きな利点

- 利便性が高いのも株主優待券の大きな利点

利便性が高いのも株主優待券の大きな利点

航空会社の株主優待券は、もちろん低価格で飛行機に乗れるのが1番の魅力ではあります。ただ、それ以外にも利便性が高いのも大きな利点であり、人によってはそちらを重要視して購入するケースも多いのです。

キャンセル料がかからない

早割で航空券の予約をした場合、取り消しをするとキャンセル料が発生することになります。でも、優待券であればキャンセルをしたり便の変更をしても一切料金は発生しないのです。したがって、確実な予定が分からない人にとっては、多少割高になっても優待券の方が融通が利くわけです。

どの時間帯でも料金は変わらない

株主優待券であれば、出発便が早朝でも夜でも料金は一定となっています。したがって、少しでも旅先に長く滞在できるようなスケジュールを立てることができるわけです。また、当日のどの時間に出発できるか分からない人にとっても、均一価格設定は有難いと言えます。

休日や繁忙期でも予約を取りやすい

早割の場合、休日や繁忙期の予約はハードルが高いです。2か月前に予約をしないと席が取れないなど、計画にかなりの制限がかかってしまうのです。でも、優待券の場合は普通運賃でのルールが適用されるため、休日や繁忙期でも比較的予約が取りやすいのです。

当日でも空席があれば利用可能

さらに、予約をしていなくても当日に空席があれば、優待券で搭乗することが可能なのです。閑散期であればほぼ確実に利用できるでしょうから、臨機応変に旅行の計画を立てることができるのです。もし天候が悪ければ旅行の日程を1日ずらしたり、思ったより荷物が多くなったので鉄道から飛行機に変更するなど、そういったお得に活用もできるわけです。

入手前から予約をしても構わない

キャンセル料がかからないことから、株主優待券を入手する前から予約をしても構わないのです。搭乗をする前までに手に入れれば問題ありませんから、とりあえず計画段階でも予約をしておけばいいでしょう。

  « 前の記事: を読む